逆流性食道炎にはとりあえずガスター10です!!

第一三共ヘルスのガスター10を手放すことができないという人も多くなっています。つらい胃痛や胃もたれに効果的です。実際に市販でも購入することができるガスター10は病院などでも処方してもらうことができます。

ガスター10は胃痛やもたれなどの胃の不快な症状に聞きます。過剰に分泌した胃酸をコントロールして、胃痛やもたれ、胸やけ、むかつきにすぐれた効果を発揮します。胃酸の分泌をコントロールすることにより、傷ついた位に優しい環境をつくることができます。直径7ミリの小粒で飲みやすい糖衣錠です。

実際にカスター10は逆流性食道炎にも効果的といわれています。逆流性食道炎は、自覚症状として胸やけやどんさんといわれていて、特に空腹時や夜間の胸やけが特徴的となっています。胸やけがひどいことで夜中に目が覚めてしまったり、心臓の病気と同じような胸の痛みを感じたりすることもあります。

そのほかにも、のどの違和感やよくせき込む、声がかれる、食道以外の症状が出ることもあります。原因としては、胃酸が食道に逆流して、粘膜を刺激することが原因となっていて、食道の粘膜は胃の粘膜とは違って胃酸の刺激から身を守る仕組みを持っていないので、胃酸に触れられると炎症を起こしてしまうのです。

特に胃や食道の運動機能が低下している場合には、食道と胃の境目であるかんもんぶの筋肉の力が弱まることにより胃酸を含む胃の内容物の食道への逆流となり腹圧の上昇などが挙げられます。

実際に暴飲暴食や脂肪分の多い食事、不規則な食事時間が生じていることなど考えらえて、胃酸が食道まで逆流してしまうので、何よりも様子をみる必要があります。

逆流性食道炎になってしまうと胃の痛みを感じるのですが、どうしても病院へ行くことができない人や様子を見てと考えている人、症状が夜間に出て睡眠ができないという人は、ガスター10を活用することにより、症状を抑えることができます。

ガスター10は逆流性食道炎を完治させる効果はありませんが、何よりも不快感を抑えることができますので病院へ行くまでの間や、少しおかしいと感じる際に活用するのはおすすめできます。

胃の痛みなどを感じると食欲などもなくなってしまう傾向にあり、逆におなかがすくと痛みととのなうということもあり、何かを間食してしまうというケースも少なくないのですが、ガスター10を活用して胃酸を抑えることにより、痛みや症状を緩和することができますので、胃の不快感などがある人にはおすすめできます。

しかし、長く飲み続けるというわけにもいかないので、しばらくしても症状が治らない場合には、きちんと病院へ受診する必要があります。